2006年02月22日

入院日当日

午前9時30分までに、病院の入退院受付の窓口へ行くことに。

前日や朝などに食事制限はなく、いつもどおりの生活。
ただ出勤時間よりは遅くに家を出たので、気持ちゆっくりめ。

前に通院したときに、いろいろと提出する書類をもらっていたので、受付に保険証と診察券と一緒に出した。

その後、外来診察を受けて、ついに入院する病室へ移動。

持ってきたパジャマに着替え、荷物を引き出しや戸棚へ・・・。

担当の看護師さんが後から来るっていうので、それまで暇つぶしにテレビを見てた。
病院のテレビが液晶の薄型でしたよ!!
大部屋が空いてなかったので、私は差額のある4人部屋。
さすがに差額を取られるだけあって、テレビは見放題♪
薄型だと、テレビ台が広々していていいね〜。飲み物とかも置けるし。

さて、担当の看護師さんから入院についての説明を受けた。
シャワーは手術当日以外はいつでも入っていいって。
病歴や家族構成などの質問に答え。

これからの予定の説明を聞いた。
今日の夜になってから、下の剃髪と浣腸をするそうな。

どっちも人生初の経験ですよがく〜(落胆した顔)
びくびく。どきどき。

時間は刻々と過ぎていき、夜になった。

病院の夜ゴハンはさっそくおかゆだった。
おかずはペースト状のカボチャの煮つけ。
ほとんど固形なものがない・・・。
でも意外と美味しかったな。全部食べた。

ゴハンの時間が終わり、ついに。


ついに下の剃髪&浣腸の時間がやってきましたもうやだ〜(悲しい顔)
最初に毛の処理。

ズボンやパンツを脱ぎ、分娩台のような台に乗った。
足を乗せる台があって、それに乗せると股をオープン。
うきゃー、恥ずかしいあせあせ(飛び散る汗)
でももう痔が治るためなら仕方がない。
観念して、まな板の鯉状態なワタシ。

看護師さんがショリショリと処理してくれますぴかぴか(新しい)

終わったと思ったら、確認要員の別の看護師さんが仕上がり具合を確認。
間抜けな体勢なので、すっごい恥ずかしいっす。

オッケーが出た。・・・ほっ。


その後、シャワーを浴びて拭き取れなかった毛を流した。
そこで初めて、仕上がり具合を自分で見た。

てっきりすべての毛を剃られるのかと思ったら、前の方は残ってた。
剃ったのは真下からお尻にかけての部分だった。

なるほど、こう剃るのか〜。


下の剃髪処理が終わって、しばらくしてから最大の難関・浣腸の時間になった。

↓参考までに。浣腸ってこんなの。
150mlディスポ浣腸詰め合わせセット【三牧ファミリー薬局】
150mlディスポ浣腸詰め合わせセット
(医療用浣腸各メーカをセットに致しました)

120mlディスポ浣腸詰め合わせセット【三牧ファミリー薬局】
120mlディスポ浣腸詰め合わせセット

30〜150mlディスポ浣腸詰め合わせセット【三牧ファミリー薬局】
30〜150mlディスポ浣腸詰め合わせセット




先ほどと同じ処置室へ移動。

ズボンとパンツを脱ぎ、ベッドに横向きに寝る。
体をくの字に曲げ、お尻は看護師さんの方へ。
痔の診察と同じ体勢。

「はーい、ではお薬入れますね〜。入れるとホント、すぐ!トイレに行きたくなりますけど、少し我慢してくださいね。液だけ出ちゃいますから」
「わ、わかりました。」
そっか、すぐに効くのか浣腸というのは。
浣腸ってその場でウン○を出すのかと思っていたけど、どうやらトイレに行く猶予はあるらしい・・・。良かった。

浣腸の管が肛門に入る。
座薬を入れてるようなカンジ。
その後なんか液体が入ってくるような、ヘンなカンジ。

「はい、終わりましたよ。すぐにお腹が痛くなってくると思いますよ。」
「・・・ありがとうございました」

ズボンを履いて、自分の病室へ戻る。

キモチお腹に違和感はあるが。
まだ波は来ない。まだかな?まだかな??と思ってたら、・・・来た。

うぉぉぉぉ。トイレーーーー。

急いでトイレへ駆け込むワタシ。
これでトイレ混んでたら泣いちゃうね、きっと。

幸いにも誰も入ってなかった。
個室へ篭もり、用を足す。

うぉぉ。ピーピー状態だよ〜。

しばらく腹痛が続いていたので、ずっと便座に座ってた。

もう終わったか?と立ち上がると第2、第3の波がやってくるので油断がならない。

さすがに腹痛がなくなって、波も引いたので、トイレから出た。

病院のトイレはすべてウォシュレット完備。
自宅にはない「おしりやわらか」というボタンがあった。
試しにやってみたら、勢いもそんなに強くなくて気持ちいい。
は〜。


これで入院初日の予定は無事に終わった・・・。

入院2日目へ続く。


ところで、ウォシュレットを使う痔主の方に。

不特定多数の人が使うウォシュレットは要注意ですよ、みなさん!!
水流のレベルを必ずチェックしましょう。
でないと、いきなり激しい水流波の直撃をくらいます。
そして、ストップボタンにも指を用意しておくと安心です。
うっかり激しい直撃をくらってもすぐに脱出できます。
(経験者は語る)


posted by ヒメジ at 21:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | 痔の手術体験記
この記事へのコメント
そうそう!チビママの病院にも
「おしりやわらか」機能のウォシュレットありました〜。あれは心地よいですよね!
剃って浣腸したんですね〜!
病院によっていろいろなんですね☆
テレビ見放題いいですね〜!!
チビママは2人部屋でしたが、テレビは
テレビカード買わないと見れませんでした・・・
Posted by チビママ at 2006年02月22日 21:57
テレビ見放題だったので、思う存分トリノオリンピックを楽しめました(^^)
Posted by ヒメ at 2006年02月23日 20:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/13624584
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。