2005年02月04日

痔とはどんな病気?

痔とは肛門部周辺の炎症によって起こる病気です。

おもに

「痔核(じかく)=イボ痔」
「裂肛(れっこう)=切れ痔」
「痔ろう(じろう)=あな痔」

の3種類があります。

元来、肛門には汚れなどに対する免疫の防御作用があり、
炎症を起こさないよう機能していますが、
その防御作用が弱まったり、逆に攻撃因子が強くなると、
炎症が発生して痔になりやすい状態になります。


痔核(じかく)=イボ痔

痔でもっとも多いタイプ。

肛門の静脈がうっ血してふくらみ、塊のようになったもの。

痛みが出る前に、まず出血が起こるのが特徴。

歯状線より直腸側にあるものを「内痔核」、
肛門側にあるものを「外痔核」という。

生まれつき肛門の粘膜や皮下組織が弱い人、高齢者に起こりやすい。


裂肛(れっこう)=切れ痔

歯状線と肛門縁との上皮に切ったような傷ができる痔のタイプ。

傷は小さくても排便時にズキズキと激しい痛みを感じ、
出血をともなう。

硬い便を無理に出そうとすると、
刺激で切れやすく、便秘がちな女性に多い。


痔ろう(じろう)=あな痔

歯状線にある10個前後のポケットのような部分、
「肛門小窩(しょうか)」に、
大腸菌などの細菌が入り込んで炎症を起こし、
穴ができ膿がたまる症状。

進行すると肛門周囲に穴が貫通してしまう。

原因は不明だが、男性に多いタイプ。


(「COMES MAGAZINE 2005年1月」HACドラックのフリーペーパー参考)


そして、私の脱肛はどのタイプにあたるのか?

大腸.COMによると、

内痔、 イボ痔、脱肛の重症度分類

1度・・・・・出血するだけで飛び出さない
2度・・・・・飛び出すがすぐ戻る
3度・・・・・飛び出したのを指でもどす
4度・・・・・飛び出してもどせない。常に脱出した状態(脱肛)
かんとん・・・・4度が更に炎症を起こし腫れて激しい痛みでもどせなくなった状態

私は、飛び出したものを指で押して戻せるので内痔の3度にあたるらしい。



脱肛の戻し方

口を大きく開けて、
声を「あ〜」と言いながら行う。



すると、肛門の力が自然と抜けてやりやすくなる。



あとは、
指の腹で出た部分を傷つけないように気をつけながら
グイグイと中に押し込む。


これって、人には絶対見せられない姿だよね・・・。きゃ〜ふらふら
声を出して他の人に聞こえたら恥ずかしいから、
私は「は〜」と息を吐き出してます。




posted by ヒメジ at 10:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痔とは?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/1823741
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。