2006年07月24日

痔ろう(あなじ)について

肛門周囲膿瘍の膿が排出した後の傷に絶えず糞便がついて細菌が繁殖し、排便時に傷口が刺激されます。

その上、血液がうっ滞するため新しい肉の新生が邪魔され、なかなか治らず、絶えず膿を生じることになります。

その排膿の路が痔ろうになってくるのです。



開口の場所によって外痔ろう、内痔ろうがありますが、膿汁が肛門周辺に出るときは、皮膚に湿疹を起こすこともあります。

痔ろうのこじれた場合は適当な時期に手術をすると良いときがあります。



「もへじ」を買ったときにオマケでついてきた「痔疾患養生のしるべ」を参照しました。

ホノミ もへじ 135カプセル



posted by ヒメジ at 14:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痔とは?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。